中年世代こそ、ガンガン積極的なアプローチを

草食男子や肉食男子など、カテゴリー分けされた概念がありますが、年をとると活力も失って、草食系になってしまいがちです。いちいち積極的に動くのが面倒くさくなってしまうからです。ですが、女性の声の多くは、ガンガン引っ張ってほしいというものが多いのも、また事実です。ニーズに応えることは、モテにつながるので、この点を自覚している方は、改善して攻めていきましょう。

【体調を整えることにベストを尽くす】

例えば睡眠について、真剣に考えたことはあるでしょうか。熟睡して快適な眠りを習慣化すると、疲れを残さないので、若いころと同じとまではいきませんが、実に快適な状態にすることができます。そのためには、悪い習慣を捨てなくてはいけませんし、やるべきことが、増えることもあります。

寝酒をやめたり、寝る前にだらだらと本を読んだり、携帯で遊んだりしないなど、習慣を変えていくことも必要になります。このように、ひと手間こそかかりますが、体調をよくすれば、女性に対しての積極性につながっていきますので、これはいい習慣じゃないなと思うものを1つ1つ洗いだして、改善していきましょう。

【卑屈にならない】

中高年特有のコンプレックスが、卑屈さを生みます。若いころのように動けないとか、情報や感性がずれているんじゃないかとか、思いあげればどんどん積極性を失ってしまうようなことばかりでしょう。こんなマイナス思考を持って、女性に接して成功するでしょうか。最初から失敗する考えを持っては、元も子もありません。

もちろん若い頃と違うのは当然です。例えば中高年にもなれば「EDといった症状」に悩みを抱えることもあるでしょう。女性といい雰囲気になっても、どうせ自分にはベッドインなんて無理・・・そんな風に考えてしまうと、いつまで経っても関係進展はあり得ません。例えば男性専門のクリニックを受診し、バイアグラを処方してもらうことを検討してみましょう。このお薬さえ手に入れれば、男としてのたくましさを取り戻すことができます。その結果、気持ちも前向きになり、恋愛に対して積極的にもなれるはずです。

常にプラス思考を持って、何か悪い方向に行くと思いつくことがあるなら、そういった弱点を改善していきましょう。その積み重ねをすることで、次第に魅力的な自分を作り出すことに、つながっていきます。最初から無理とあきらめず、小さなことからコツコツやっていくことが大事です。

【押しは強めに】

相手を気遣ったり、不快感を持たれたりしないために、ある程度遠慮してしまうのは、それなりの常識とマナーから、当然のことです。しかし相手が少しでも、好印象を持ってくれているなと察したら、強めに押して、積極的にいったほうがいい場合もあります。時と場合によりますが、これをうまく判断できるようにすることが、成功につながります。

嫌われていたら、女性はそんなに多く話してくれる機会を作りません。職場でよく話をする機会があったら、嫌われていないのは明らかです。そんなときにもうじうじして、重い腰で動かなければ、女性はどう思うでしょうか。チャンスをものにするには、動くことも大事なのです。

積極的にアプローチをかけることは、極めて重要です。動かなければ、失敗はありませんが、成功もありません。失敗を恐れて卑屈になるよりも、自分を知り、積極的に動くことで、いい結果をもたらすのです。幸運の女神に魅入られたければ、自分の力で切り開くしか方法はないのです。女性のハートを得るためには、勇気が必要ですが、これもチャンスの為ですので、頑張って行動しましょう。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.