車デートはモテの鉄板

車は維持費や駐車場代、ガソリン代など結構お金がかかります。高級車は、なおさらです。不景気も車離れに拍車をかけ、若者は、車で女性を射止めようという傾向が弱くなってきました。しかし、女性からすれば、ドライブデートというのは、好きな人が多いのもまた事実です。中高年は、ここにチャンスがあります。

嫌味がなく、それでいてさりげなく経済力を主張できるのがマイカーです。車を活用すれば、女性からモテるきっかけを作ることが可能なのです。自分の好みに偏らないように心がけて、好印象をもたれる車を選べば、きっと1つの大きな武器として活用できるので、車選びについて真剣に熟慮してみましょう。

【センスのいい車を選ぶ】

露骨な高級車を選択しないことが大事です。ベンツなどの外国車は、人気があるし高級感もただよっていいのですが、中高年となると自分にあった車であるかどうかということが必要になります。経済力に見合ってない車を無理して所有しているのは、ミスマッチのおそれが出ている可能性があります。高ければいいというわけではないので、その点を考慮していきましょう。

また、自分の趣味をごり押し主張するような車もあまりいい選択肢とは言えないのではないでしょうか。がっちりカスタムしたごついRVや、車高を下げたセダンなども、女性にモテることを検討するとお勧めできません。セダンにするか、ワゴンにするかなど、車の形から始まりますが、一番大事なのは、快適なドライブデートを楽しめる目的を果たせる車であることが重要です。

【車内は清潔に】

素敵な車を持っていても、泥まみれだったり、車内が臭くてゴミがあったりしたら、もうそれだけで、女性から好印象をもたれることはないと思ったほうがいいでしょう。定期的に洗車することは当然ですが、車内のことも特に気を使う必要があります。たばこのにおいがする車内や、強いにおいのカーコロンも女性に嫌われます。消臭しつつ、さりげなく香る程度のものを選んだほうがいいでしょう。

女性は車の中をよく観察しています。バックミラーや、窓ガラスの内側にべったり指紋がついていれば、それだけでも不快感を示す人が多いです。ドライブデートを設定するなら、隅々まで掃除することを心がけましょう。

【運転テクニックと目的地に注意】

自分の運転テクニックは客観的に把握しておいたほうがいいでしょう。駐車場で必死になって何度も入れ直している姿は、格好悪く見られがちです。また、目的地の設定はとても重要です。遠すぎる場所を選ぶと、会話の間が持ちませんし、その間に雰囲気がしらけてしまう危険があります。

山に行くとしたら、別な注意が必要です。山道は特にカーブが多いのですが、カーブが続くような道をコースに選ぶなら、それだけ自分のハンドルテクニックを意識する必要があります。運転が下手な人に同乗すると、車酔いしてしまう女性も少なくありません。できる限り酔わないようにしてあげる運転を配慮することが大事です。

車でデートすることは、女性のハートをつかむ強力な武器となりますが、リスクもあります。その点を注意して、快適なドライブができれば、女性との距離もかなり縮めることができます。より親密感を深くしたいという交際初期のころでしたら、積極的にドライブデートをするのも、1つの手と言えるでしょう。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.