メールや電話のしすぎが別れを招く?連絡を入れる頻度を考えよう!

みなさんは、恋人に対してどれくらいの頻度で連絡をしていますか? 女性に訊くと、まめに連絡をくれる人がいい、という答えが返ってくることも少なくありませんが、それを額面通りに受け取ってしまうと危険です。もしかすると別れの原因になってしまうかもしれません。この記事では、彼女に連絡をする頻度や内容について考えてみたいと思います。
連絡しすぎるのはダメ?
たとえ彼女が「まめに連絡してほしい」というタイプの子であったとしても、毎日のようにメール、電話をしてはいけません。彼女らが言うのは、ひとつの理想ではあるのですが、実際のところ、毎日のように彼氏と連絡を取り合うのは面倒くさいと感じる部分もあるのです。

付き合いたての頃には、頻繁に連絡を取り合っても、まったく飽きないし疲れもしないでしょう。しかし関係が1ヶ月、2ヶ月と続いてくると、だんだん、毎日のように連絡を取り合うのが苦痛になってきます。もし彼女が、自分の言いたいことをはっきりと言える人物であれば良いでしょう。「毎日はやめよう?」と言ってくれるでしょうから。しかし、自分の考えていることをはっきりと言えないタイプの女性は、最初に自分で「まめに連絡してほしい」と言ってしまったこともあって、毎日メールや電話をするのはやめようとは中々言い出せないわけですね。その面倒くさいという小さなストレスが溜まっていって、爆発してしまうこともあるのです。
毎日メールや電話をすることの弊害
あなたがまめに連絡すれば、最初のうちは、彼女も喜んでくれるでしょう。しかし、彼女に喜んでもらえるというメリットがある一方で、デメリットもあります。それはだんだんと「話すこと」がなくなってくるということです。これこそが「面倒くさい」という感情を生むひとつの原因でありましょう。

かくいう私も、若い頃に、まめに連絡してほしいというタイプの女性と付き合っていたことがあります。私はなるべく毎日、最悪でも3日に1回くらいは連絡を入れるようにしました。しかし交際スタートから1ヶ月くらいになりますと、話すことがなくなってきて、中身のないメールを送ることが多くなってしまったのです。中身のないメールには、中身のないメールで返すほかなく、やりとりはかなりダラダラとした印象のものとなり、結局、どちらともなく返信をサボるようになって、最終的には自然消滅的に別れることとなりました。可愛くて心の優しい子だったので、もったいないことをしたなあと思います。
連絡の頻度を冷静に考えよう!
ですから、最近付き合いはじめたのでも、連絡をする頻度は冷静に考えて決めたほうがよいでしょう。毎日するのは絶対にダメです。相手から連絡が来れば当然返信しますが、あなたのほうから毎日連絡をするようなことはしないでください。まめに連絡を入れるのが義務のようになってしまうと、絶対にうまくいきません。それを義務に感じたほうは義務感によってメールを送り続けますし、受け取る側は「もう連絡してこないで」とは中々言えないからです。もうちょっとゆったり構えたほうがいいんですね。

最も良いのは、1週間に1回くらい、電話やメールで話すような関係性です。そのくらいラフにしていると、相手とのメールや電話によってストレスが溜まることがなく、関係は長続きしやすいです。ただ、交際を始めて間もなくは、それだとちょっとそっけないと思われてしまいます。ですから最初は2、3日に1回、メールや電話をする感じでOKです。そしてデートの回数を増やして、代わりに、連絡を取り合う回数、頻度を、すこしずつ減らしていきましょう。

メールや電話の頻度というのは、小さな問題のようでいて、二人の関係には大いに影響を与えるものですから、ぜひ注意してみてください。