好意を持たれる会話中の視線

女性との会話中、話題だけでなく視線にも気を付けてみましょう。どこを見るかはもちろん、いつ相手の目を見るかも大事。視線を外すタイミングを間違えると、女性に「私に興味がない人なんだ」と誤解されてしまいかねません。

【女性が話しているとき、視線をあわせること】

一般的に男性と女性では、基本的な考え方が大きく違っています。男性は割と論理的で、合理性を求める傾向にありますが、女性は感受性が豊かで共感や共有を求める傾向に。それは会話中の視線にも、顕著に出ます。

例えば男性の場合、意識をしないと自分の話をしているときに視線を積極的に合わせようとします。しかし逆に興味のない話題に切り替わると、視線をあわせず上の空、といったことが多いよう。一方で女性の場合、自分が話しているときはもちろん、聞いているときも好意のある相手なら視線をあわせようとします。話題に関して感じること、思うことを相手と共有したいという気持ちからです。そのため女性が話しているときに男性が視線をあわせてくれないと、「この人は私の話に興味がない」ととらえてしまいます。男性は自分主体で会話が進んでいないとどうしても上の空になってしまう傾向がありますので、聞いている側になったときは意識して女性の目を見るのがおすすめです。内容が頭に入っているか、というよりも熱心に話を聞いている雰囲気が出せるかどうかがカギとなります。

【会話中、どこを見ていればいい?】

ですが会話をしているあいだ、終始相手の目を見ているとどうしても窮屈な感じがしてきますね。女性にモテる男性は、しっかり女性の目を見て話すことはほとんどしません。実際は眉間辺りに視線を集中させ、視線が合っているかのような雰囲気だけ出しているんだそう。そうするとお互いに窮屈な感じをそこまで受けずに会話をすることができます。

また視線を外す、あわせるタイミングも大事。視線を外すのは、男性である自分が割とどうでもいい話をしているとき。笑い話や冗談など、まじめに話を聞かなくても構わない話題のときに外すようにしましょう。そして女性をほめたり、自分の好意を伝えるときはしっかりと視線をあわせること。このときは眉間を見るのではなく、目をしっかり見るようにしましょう。普段の会話のときとここぞ、というときで視線のあわせ方に違いを持たせることで女性をドキッとさせる効果があります。とくにホテルへ誘うときに使うと、効果的。ドキッとすることで高揚感を感じますので、その勢いのままOKしてもらえる確率が高くなります。

ただホテルへ行くことにOKをもらえても、ベッドのなかでの行動で女性を冷めさせてしまうと台無しです。よくて一夜限りの関係、最悪はことに及ぶ前に部屋を出ていかれてしまうことも。男性はアルコールが入ると男性機能がここぞというときに機能しないことがあります。とくに初対面の相手とそのまま関係を持つことになると緊張も相まって機能しないことも多いようですので、不安ならバイアグラを処方してもらっておくのが安心です。バイアグラは即効性の高い薬ですので、ホテル行きをOKしてもらってから服用すればしっかり効果を実感できます。あがり症の気がある人や、過去に機能せずに気まずい思いをしたことがある人はぜひ用意しておいてください。

女性は男性の視線にとても敏感です。とくに意中の相手と接しているときは、男性の一挙手一投足に意識を集中しています。なのでもし相手の女性の好意を少しでも感じることがあれば、ぜひ視線の動かし方も意識してみてください。より好意を持ってもらえるはずです。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.