男女の視線の使い方を知っておこう

異性として意識している相手、気になっている相手に対する視線の使い方は男女で大きく違い、真逆ともいえます。そのため女性にその気がなくとも、男性が「俺に気があるのかな?」と勘違いしてしまうこともしばしば。自分のことを全く意識していない女性相手にアプローチすることこそ、時間の無駄遣いですね。自分に気がある女性を見分けられるようになるためにも、ぜひ違いを知っておきましょう。

【視線でみる、男女の違い】

では具体的に男女で視線の使い方にどういった違いがあるのか。まず男性の場合、気になる女性に対して、自然と視線を向けてしまう傾向にあります。意識的にはもちろんのこと、無意識に見ていることも多く、気付くとその女性を目で追ってしまっているという経験をお持ちの男性も多いことでしょう。そうしたことから、男性は女性にたくさんの視線を向けられると、「俺に気があるのかな?」と意識してしまう傾向にあるそうです。とくに目があったりするとそう思う傾向が強いようですね。

逆に女性の場合、意識している男性に対してあまり視線を向けないという特徴があります。気になっていることを悟られたくない、恥ずかしいという気持ちからあえて視線を向けないんだとか。視線を向けられたとしても、相手が女性の方を見ていない間だけで、目をあわせることは避けることが多いよう。なので女性はとくに意識していない男性が相手だと、しっかり相手と視線をあわせることができます。男性は視線をあわせられると「意識している」と思ってしまうようですが、実際は目があいそうになるとすぐに視線をそらされるときの方が意識していることが多いのです。

【女性に気を持たせたいなら、ガン見はNG】

このような違いがあることから、女性は男性に思い切り見つめられても気持ちが動くことは稀です。むしろ「ジロジロ見てきて気持ち悪い」といった、生理的嫌悪に似た悪い印象を持つことが多いのだとか。しかも女性は一度生理的嫌悪を持つと、その男性は恋愛対象外になるどころか日常的な接触さえ避ける傾向にあります。男性が気になる女性をついつい目で追ってしまうのは多少仕方のない部分もありますが、女性の気持ちがわからない状態なら意識的に視線を外すことが賢明かもしれません。

ただ会話をするときは、できるだけ視線をあわせること。かといって延々と目を見て話し続けられると女性は窮屈に感じてしまいますので、基本的には女性の眉間あたりを見ながら話すのがおすすめ。視線を外してもかまいませんが、できれば女性の顔を3~4秒はしっかり見てから外すようにしてください。人が会話をするとき、相手の顔を見るのは平均して1~2秒といわれています。しかし恋愛関係になると、その時間は平均3~4秒まで延びるのだそうです。女性から視線を外されてしまうと難しいですが、自分はできるだけ3秒ぐらいは相手の目を見て話すことを意識すると、好感を持ってもらいやすくなります。逆をいえば、そのくらい視線を外さずに会話を続けてくれる女性なら、少なからずあなたに好意を持っているという証拠ともいえるでしょう。

視線というのは、ほとんどが無意識のうちに動くもので意識しようとすると意外とコントロールが難しいです。とくに普段から人の顔を見て話すことになれていないと、1~2秒ですら相手の目を見て話すのが難しいかもしれません。そういった場合は、まず同性の相手と視線をあわせて会話をする訓練をしてみましょう。その次はとくに意識していない女性、というように少しずつステップアップしていくと、意中の女性とも自然に視線をあわせながら会話ができるようになるはずです。視線は恋愛に大きな影響を及ぼしますので、ぜひコントロールできるよう、頑張ってみてください。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.