合コンのあとにはどんなメールを送れば良いか?

合コンでとても素敵な女の子と出会い、連絡先もゲットして気持ちが舞いあがったら、次に気になるのは、どんなメールを送るべきか、です。最初のメールに返事がなければおしまいです。何とか、心をつかんで、次につなげたい。印象に残るような、素敵な文章を送りたい、と考えると、だんだん難しくなってしまいます。
合コンでメアド交換したけど・・・ | 恋愛相談のQ&A【OKWave】

最初は、心のこもったシンプルなメールが一番。これが大切です。

【恋愛テクニックで有名な「?」には効果がある?ない?】

かなり有名なテクニックに、文末をクエスチョンマーク「?」で結ぶというものがあります。例えばこんな感じです。

「昨日はありがとう。みんなかなり酔っぱらっていたけれど、僕も少し飲み過ぎちゃったようで今日は二日酔いです。A子さんは、大丈夫ですか?お酒は強い方なのかな?また、是非会いたいですね」

疑問文を差し入れることで、相手に無理やり返事をさせるというものです。ビジネスの世界では、こういう手法も悪くはないかも知れません。何かを売りたい相手との縁を切らないために、力ずくで関係を維持する方法です。確かに返信をもらえる可能性は高まりますが、単に「質問に答えただけ」という気持ちを相手がもったらおしまいです。メールの返事をもらうことがゴールではなく、相手の気持ちをキャッチすることが目的だということを見失ってはいけません。

【メール分は短く、かつ、形容詞がカギ】

人の心に残る言葉はそれほど多くはありません。長文で想いを伝えても、結局印象に残るのこるのは、2、3の単語だけです。自分の感情を伝える形容詞をちりばめた、短いメールが効果的です。

「今日は本当に楽しい会に参加できてラッキーでした。あなたとも楽しい会話ができて、いい気になってつい飲み過ぎてしまいました。また、ぜひ飲みましょう」

このような、「ラッキー」「楽しい」「いい気に」などの感情表現は、脳にとどまって印象に残ります。短いメール分でも、形容詞をちりばめると相手の記憶に残る文章にすることができます。

尚、ていねい過ぎるメールはNGです。「昨日はどうもありがとうございました。遅い時間まで付き合わせてしまい、申し訳なく思っています。またお会いできれば幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いします」というようなものです。仕事の延長のような文章では、心を動かすことができません。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.