面白くない映画を観たあとの感想の伝え方

長くつきあってお互いの気心が知れた間柄なら、相手がどんな映画が好きなのかはわかります。映画に限らず、芝居や小説や、レストランの好みなども自然とわかるものです。しかしつきあい始めて間もないころには、そのあたりの感覚がつかめないので、映画ひとつ選ぶのにも苦労します。

前評判からこの映画なら面白いはず、と選んだ映画がちっとも面白くなくて大失敗ということもあるでしょう。あるいは、彼女に「どんな映画が観たい」と尋ねて教えてくれた映画を観てみたら、ぜんぜん面白くなかったということもあるでしょう。そんな時、観終わった後でどんな会話をすべきかは、迷うところです。無難なところでは、映画の出来不出来に触れずに、前向きな感想を述べることです。

【まずは、ほめるポイントを見つけましょう】

どんなにひどい映画でも、部分的には面白いところはあるはずです。ストーリーは陳腐なものだったとしても、演技の素晴らしい役者がいたなら、「あの演技はかっこよかったね」「あの子役はかわいかったね」などとほめるのも手でしょう。映像的な面をほめるのも良いです。「街中を走り抜ける車のスピード間には驚いたな」「雲の上から地上を見下ろすシーンは圧倒されたな」などです。

逆に、誰がどう見てもつまらない箇所を取り上げてみるのも良いです。映画全体ではなく、「この箇所は、ちょっと…」と指摘します。彼女が「映画全体がつまらなかった」と感じていれば、そこから発展して「そこだけじゃなくて、あそこも、ここも」と言ってくれるかもしれません。そうすれば、お互い「面白くなかった」ことを共有して、話を盛りあげることもできます。

【映画そのものの感想を避けて、場をほめる】

なお、批判する時には、自分なりの解決策も提案すると前向きな話になります。「あの時、主人公が黙って逃げたのは、つじつまが合わない感じがしたよ。僕なら、罪の告白をするだろうね」という感じです。

映画の内容に触れないで、デートをほめるのもひとつの方法です。「とにかく、今日は君と初めて映画を観られて、僕はそれだけで大満足だよ」「君となら、どんな映画でも楽しくなっちゃうな」という感じです。そうすれば、「また一緒に映画に行きたい」というメッセージを伝えることにもなります。

映画に限りませんが、デートで面白くない経験をしたときには、ほめるポイントを探すこと、一緒に経験できたこと自体を喜ぶこと、で前向きに解決できます。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.