中高年特有の性格的習慣改善が、モテにつながる

中高年になると、にじみ出る人間性というものも、女性から見られています。軽薄な性格であったり、気が短かったり、幻滅するような点を見られるとマイナスポイントとなってしまう確率も高くなります。そして、中高年になると、特有の性格的習慣というものがしみつきますが、これがやっかいなことに、なかなか自分には見えないのです。ですが、モテスキルを磨こうと決意した今、この点についても理解しておくことで、さらに成功率を高めることができるようになることでしょう。

【説教オヤジは誰にも嫌われる】

年を取ると、どうしてもやってしまいがちな習慣が、説教くさくなることです。当然本人は、意識していませんが、若い人や女性から見ると説教くさいなと感じられてしまうこともあります。年月を経てきたら、この傾向をつい持ってしまいがちですが、この習性をデート中に出してしまうと、煙たがられるおそれがあります。自分の普段の言動に、この点がないか、注意して確認してみるといいでしょう。

仕事で、部下を育成する経験が長いと、大なり小なり、この習性を身につけてしまいます。別に、あなたの性格が悪いというわけではありません。職業病とまではいきませんが、中高年が、身につけてしまいがちなこの習慣を、極力女性の前では出さないようにしていきましょう。

【うんちくを語り過ぎない】

長く生きれば、いろんな物事を知識として身につけます。いいところを見せようとして披露するのも、少しなら、よいスパイスとして好印象を与えます。ですが、度を過ぎると嫌みになりがちです。特に食べ物のうんちくをやたら語ると、女性から見ると「この人ちょっとうっとおしいな」とまで、思われるおそれがあります。

食べ物を食べているときは、特に不快感の印象というのは強烈に刷り込まれる傾向があります。鮨やうなぎ、そばなどを食べると、ついつい熱く長く語ってしまう人もいるし、居酒屋などでも、食材についてああでもないこうでもないと、長く語ってしまうというのは、NGです。

ウンチクは、1回のデートで、数回程度までにとどめておきましょう。過度に言えば、嫌われますが、この程度なら、この人はいろんなことを知っていて、魅力的だという印象にしておくことができます。特に中高年は、心がけておくことの1つではないでしょうか。

【自分の物差しで物を見すぎない】

長く生きれば生きるほど、自分の経験や考えに固執し、その考えが正解であるという傾向になりがちです。この感覚は、女性から見ると、中年独特の頑固おやじと評される可能性があります。たとえ正しいにしても、柔軟なニュアンスで応対できる態度は、身につけておいたほうが、無難といえるでしょう。

大事なのは、正しい答えを知っているからといって、ごり押ししないということです。前述した説教にもつながるポイントですが、中高年になるほど、この感覚を知らぬうちに、習慣化してしまうので、できるだけ、出さないように心がけるほうがよいでしょう。

このように、中高年の男性には年齢とともにどうしても出てきてしまう特徴というものがあります。また、性格だけでなく体調にもさまざまな変化が訪れるでしょう。その代表的なものとしてEDという症状があります。説教臭さを克服し、せっかく女性との距離が近づいたのにベッドの上では役立たず・・・こんなことでは、頑張って中高年特有の習慣的性格を直した甲斐がありません。

そんな時に役立つのが、クリニックが処方してくれるバイアグラです。この勃起改善薬は、元気のなくなった男性の下半身に活力と自信を与えてくれます。女性との熱い夜に、しっかり男としてのたくましさをアピールできれば、説教やうんちくを語らずとも尊敬や好意を得ることができるはず。これからも男性としてのプライドを保ちたいのであれば、口うるささでなく力強さを重視してみてはいかがでしょうか?

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.