大げんかをしたときに、逆にきずなを深める仲直り術

どれほど彼女との仲がよかったとしても、長い間一緒にいるうちにケンカになることが一度や二度はあるでしょう。ですがケンカになること自体は決して悪いことではなく、むしろ互いを理解するために必要なことと言えます。

ただ、仲直りのしかたを失敗すると、相手への理解が深まる前に、別れることになってしまいかねません。ですからどのように仲直りすれば嫌われず、なおかつケンカ前よりもきずなを深められるのかを知っておくといいでしょう。

【仲直りのしかた次第で、女性との今後のつき合いが大きく変わる!?】

ささいなことから重要な問題まで、意見が違えばぶつかるのは人間としてごく当たり前のことです。何度もいろいろなことで衝突しながら自分の異なるポイントに気づき、互いを認めていくのが「相手を知る」ことと言えるでしょう。

しかし、ただケンカするだけだと逆に溝が深まり、不仲になる原因となります。最悪の場合、修復不可能なほどのきれつが入り、別れ話に発展してしまうかもしれませんので、仲直りの際は細心の注意を払わなければなりません。

なぜなら、多くの男性は見当違いの謝罪をして、かえって女性の機嫌を逆なでしてしまうからです。逆に正しい対応さえできれば、元通りになるだけでなく以前よりもさらにふたりのきずなを深め、強い愛情を築くことができます。

【謝ればいいは大きな間違い!?男性がやりがちなケンカ後のミス】

男性が最もやってしまいがちな間違いは、仲直りの際にとにかく謝ってしまうことだそうです。相手がなぜ怒っているかわからなくても「とりあえず謝っておけばいい」という考えで行動し、余計に怒らしてしまいます。

ですから、謝罪の前にまずなにが相手を怒らしたのか考えてみましょう。いつから態度が変わったか、なにか不用意な発言はしなかったかなど、記憶をひとつひとつたどっていけば、きっと原因らしきものが見つかるはずです。

また、もし自分が悪くないとしても、一方的に相手を責めたり説教したりするのも止めましょう。男性は理屈を重視する方が多いですが、女性は感情を大事にするので、いくら理屈が通っていても気持ちで納得できなければダメです。

【論理的にではなく、感情に訴えるような気持ちの伝え方を!】

自分も相手も納得したうえで仲直りがしたいのならば、まず先に女性の言い分をきき、自分なりの彼女の気持ちを汲みましょう。そして仲直りが終わったあとで、自分の考える理屈について「優しく」言わなければなりません。

さらに、仲直りした日というのは気持ちが昂っていることが多いので、よりきずなを深めたいのなら、夜は身体を重ねるといいでしょう。普段よりも情熱的かつ激しく相手を求め、またあなたも彼女から求められるはずです。

ただ、せっかくの仲直りセックスも男性器がうまく機能しないと、気持ちが白けて機嫌を損ねてしまうかもしれません。ですから、事前にバイアグラなどを用意し、女性に愛情がしっかりと伝わるようにするといいでしょう。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.