初めて入ったホテルでの気遣い

男性の場合、ホテルに入ったら早く性交したいと気持ちがあせるものです。しかし、女性はムードを大切にするので、すぐにはセックスをしたがりません。男性はキスをした瞬間に勃起し、いつでも挿入できる態勢が整いますが、女性の膣はゆっくりと濡れ、興奮も時間をかけて高まります。

特にまだ交わったことのない男性との初めてのセックスでは、恥じらいもあるため女性はすぐには準備が整いません。ゆっくりと時間をかけて心を整えさせてあげる工夫も必要です。

【ホテルの案内はちゃんと読みましょう】

ホテルのテーブルの上には、サービスのメニューが置いてあるものです。ソファーでくつろぎながら、まずはそれに目を通しましょう。彼女以外の女性とはすでに100回も来ているホテルであっても、初めて入ったかのようにメニューを見る必要があります。男性がホテルの常連だと知れば、女性は「自分は、今まで大勢連れてきたうちのひとりなのか?」と感じてしまいます。

すぐに別れるつもりの彼女なら、「今日が100回目だよ」とナンパ師ぶりを自慢しても良いですが、長く付き合うつもりなら、初心者の振りが大切です。「こんなものの貸出しサービスがあるよ」などと初めてを装いながら、彼女のほしいものを確認しましょう。

ホテルによっては、アメニティグッズなどのサービスがありますので、何か欲しいものはないか彼女に尋ねましょう。女性の場合、ボディソープには無香料のものが良い、とか、普段使っているシャンプーが良いなどの希望があるので、そういうところに気を配れると、株が上がります。

【細かな気配りが、彼女を安心させます】

クルクルドライヤーや爪磨き、無料の食事サービスやモーニングサービス、ドリンクサービスなど、店舗によってはいろいろとあります。ドライサウナやスチームサウナがあればスイッチをオンにします。ドライサウナはタオルを温めるのにも使えますので、使用前に温めておくと良いでしょう。

すぐにセックスをしないで、細かなところに気を配る姿を見ると、彼女は「大切にされている」「1回限りのセックスではない」と感じはじめるはずです。部屋に入った時にピークに達していた緊張がほぐれると、性的な愛撫に対する反応が良くなります。初めてのセックスがうまくいきやすくなります。

ホテルに入ってすぐは女性の緊張はピークに達しています。シャンプーなどのアメニティグッズに気を配ったり、サウナでタオルを温めるなどの気配りを見せると、彼女の心もほぐれてきます。性欲も高まりやすくなり、初めての性交がスムーズに行えるようになります。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.