自分の部屋に連れてくるならちゃんと準備しよう

合コンのあとに、ひとり暮らしの自分の部屋に連れてきてしまいたい、という人もいるでしょう。ホテルに入れば、2~3万円はかかってしまいますが、自宅に連れてくるならお金はかかりません。今後の付き合いも考えると、毎回ホテルでセックスするよりも、自室でした方が経済的にはかなり楽です。

ホテルなら、朝は10時か11時にチェックアウトしなければなりませんが、部屋に連れてくるなら、翌日も一日中ベッドで過ごすことだってできます。何かと都合の良い「自分の部屋」ですが、彼女に幻滅されるような部屋ではマイナスです。連れてくるなら、それなりの準備をしましょう。
彼女を部屋に呼ぶ時にそろえておきたい10のアイテム - NAVER まとめ

【キレイで清潔であることは最低限のマナー】

女性を部屋に連れてくる以上、きれいな部屋でなければなりません。合コンに参加する前に、掃除機をかけた上に雑巾がけをし、テレビの上やテーブルの上など、ホコリのたまる場所はことごとく雑巾がけをしましょう。すみずみまで、特に「隅」をきれいにします。ざっと掃除をするのではなく、1ミリのホコリも残さないつもりできれいにしましょう。

トイレの掃除もとても重要です。便座の裏もトイレの壁や天井も、塩素系の洗剤などをつかって、一滴の汚れもないほどにキレイに磨き上げます。トイレが汚かったら、すべて全ておしまい、と考えるべきです。女性は、他人の家の汚いトイレほど、嫌いなものはありません。浴室も同様です。

セックスをするメイン会場となる、ベッドもきれいにしておきます。シーツは洗い布団は干します。自分では気づきにくいですが、寝具には人の匂いが残ります。ファブリーズなどの消臭剤を使って、すべての匂いを消しておくことも大切です。尚、避妊のためのコンドームは必需品です。1ダースは用意しておきましょう。

【ほかの女性を匂わせるものは全て捨てる】

過去に女性を連れてきたことがある部屋なら、髪の毛一本たりとも残さないように気をつけましょう。また、女性からのプレゼントや、前に一緒に暮らしていた人の歯ブラシやコップなど、一点一点こまかくチェックして捨てなければなりません。女性物のパジャマや下着類、化粧品、元カノの写真の類は論外です。

どうしてもとっておきたいものがあれば、一時的に見つからない場所に隠すなど、とにかく部屋の外に出します。タンスの中やベッドの下など、誰でも思いつく場所は「隠し場所」にはなりません。たとえそれが、自分の姉のものであっても女性物はNGです。

新しい出会いを求めるのであれば、古いものは捨てる、という覚悟も必要です。昔の彼女とさまざまな思い出は、頭の中にだけ残しましょう。

彼女を部屋に連れてくるなら、完ぺきな部屋にしなければなりません。すみずみまで掃除し匂いも消して、女性物を一掃しましょう。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.