SNSでうっとうしがられないコミュニケーションのとり方

今やSNSは世界中でコミュニケーションツールとしての地位を確立しており、人々の生活に欠かせないものです。友だちとのやりとりはもちろん、異性との出会いの場となることも多く、SNSで恋人ができることも珍しくありません。

ただ、どのような場にしろ空気を読まない発言や、いき過ぎたコミュニケーションは「うっとうしい」と思われます。SNSでも女性から好印象をもたれるよう、どういった使い方が正しいかをしっかりと把握しておきましょう。

【SNSで女性に好かれるには、暗黙のマナーを知らなければならない?】

SNSなどを使ってコミュニケーションをとるとき、現実と違う態度をとってしまう人も少なくありません。顔が見えない場所ですので、アプローチの仕方が違うというのは確かに間違いではないでしょう。

しかし、文字や声のみでのやり取りだと、つい気分が高まってしまい余計なことを言ってしまうことも少なくありません。あまり調子に乗ってしゃべり過ぎてしまうと、相手を楽しませるどころか不快な気分にしてしまうでしょう。

ですから女性とのSNSでのやり取りで、好感を持たれる会話の仕方を知っておいた方が賢明です。相手のこころをつかむためにどの程度話し、どういった時に黙ればいいのかを、しっかりと覚えておきましょう。

【現実もネットも同じ!相手の気分を悪くしない会話のマナー】

SNSだからといって、会話のマナーががらりと変わるわけではありません。基本的には場の空気を読んだ発言をして、相手の話には耳をかたむけ、思っていてもあまりひどいことは言わないよう努めれば問題ないでしょう。

ただ文字でのやり取りの場合、顔文字などを使っても、やはり直接会話をするより真意が伝わりにくいです。おかげで勘違いからケンカになることもあり、互いに悪気はないのにムダな争いを起こしてしまうこともあります。

ですから誤解を招かないようにするためにも、文章はできるだけわかりやすく、簡潔な書き方を心がけましょう。そしてできるだけ、写真を添付するなどして、映像的な情報もなるべく多く得られるようにすると安心です。

【文章でのやり取りならではの欠点も知り、対処できるようになろう!】

また返事を出す早さも重要で、SNSでの返信は即返すのが最もいい印象を与えます。やり取りの途中で間を空けても問題はありませんが、すぐに返せない場合は念のため相手の女性に事情を伝えておくといいでしょう。

また、一回におくる文章の量も多くなり過ぎると読む方はうんざりしてしまうので、ほどほどの量にするよう注意しなければなりません。あんまりにも多いと「うっとうしい」と思われ、返事すらなくなるでしょう。

SNSで女性とコミュニケーションをとる際は、上記のことを踏まえたうえでやりとりしなければなりません。上手に用いれば、実際に会ったときも相手の女性は、日頃の見事なやりとりのおかげで上機嫌のはずです。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.