女の子のスイーツめぐりに上手につき合い好感度アップ!

古今東西、女性にとって甘いお菓子はごちそうであり、いくら食べても飽きないものです。しかし男性はどちらかと言えばステーキなど、ボリュームのあるものの方が好みであり、スイーツにはあまり興味を示しません。

ですからデートで「今話題のパティスリー」だと連れていかれても感動がなく、むしろ面倒に感じることもあります。ですが女性と良好な関係であり続けるためには、お菓子を食べにいくのも愛想よくつき合わなければなりません。

【スイーツの楽しみを分かち合いたい!お菓子にひそむ女性心理】

スイーツは女性の人生においてとても重要な位置を占めており、百貨店などに世界的に有名なパティシエが出展するともなれば一大行事と感じます。そしてぜひ、自分の好きな人にも同じ喜びを感じてもらいたいと彼を誘うでしょう。

ですが男の人は、甘いものが大好物という人はあまりおらず、いたとしても女の人のように「いくら食べても飽きない」とは感じません。そしてほとんどの方は、同じ値段で豪勢なディナーを食べられた方が嬉しいと考えています。

しかし一緒に楽しまずにいると、せっかく楽しみを共有しようとした女性は落胆し、最悪の場合あなたへの愛情が冷めてしまうかもしれません。興味がないことにいかに無難に調子を合わせるか。それも男として身につけておくべきノウハウです。

【優しい男の対応と努力で、愛すべき彼女を喜ばせよう!】

まず、なにより大事なのが誘われたときに断らないことです。好きなものを共有しようという気持ちをないがしろにされると、自分をぞんざいにあつかわれたような気分になってしまうので、できるだけ一緒に行ってあげましょう。

また、どんなお菓子も食わず嫌いをせず、とりあえず食べてみることも重要です。もしかすると、いくつもの口にしているうちに自分もスイーツが大好物になり、パティスリーめぐりなども楽しめるようになるかもしれません。

しかし、中にはどうしても甘いものが苦手という方もいるはずです。どう頑張っても甘いものがくどくてダメというのなら、和菓子や甘さひかえめの洋菓子店を探し、得意でないことを彼女に伝えたうえで誘ってみるといいでしょう。

【ふたり一緒に楽しむ!感動の思い出を共有するためには?】

他にはパティスリーなどの専門店はさけ、カフェなどの軽食もあるお店を探してきて行くという選択もあります。おいしいケーキのひとつでもあれば、甘いもの好きの彼女も、あなたの誠意に感動して喜んでくれるはずです。

要するに大事なのは、ふたり一緒に楽しむための妥協点を見つけることと言えます。女性だけがお菓子を食べて楽しんでも仕方ありませんし、あなたが不満のない状態でいられても、相手が満足していなければ意味がありません。

ですから、どうすればどちらも楽しめるかを考えて、ふたりにとって嬉しいスイーツの食べ方を見つけましょう。ずっといろいろな甘いものを食べていれば、きっとあなたにとってすばらしいお菓子を見つけることもできるはずです。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.