ちゃんとしたセックスが一番大切

最近増えていると言われる「草食系」の男性は、しっかりセックスをしていないようです。20代のカップルでもセックスレスが問題になるほどで、男性は悩まないのに、女性だけが悩んでいるというのが実態だとか。恋愛カウンセラーや占い師などに寄せられる「セックスレス」の相談は、ほとんどが女性からのものだそうです。

30代、40代での離婚の原因の多くには、性に関する問題が隠れているそうです。「性格の不一致」は、すなわち「性の不一致」だとも言われます。セックスがうまくいっていれば、性格が合わないことはない、ともいえるのでしょう。愛がなければカップルはうまくいきませんが、愛だけでもうまくはいきません。愛と性の両方があることが大切です。

【デートのたびにセックスすることが大切】

性生活がうまくいかないカップルは、絶対にうまくはいきません。結婚している男女なら、別れることはないにしても「仮面夫婦」になってしまいます。良好な性的関係が、良好な男女の人間関係を作ります。心と体は切り離して考えられそうですが、実際には切り離せません。それだけでうまくいくものではありませんが、必要不可欠なものです。

デートをした後には、セックスすることをいつもの習慣にしましょう。「まるでセックスするためにデートするみたいじゃないか」と不満に感じる人もいるかも知れませんが、そのためにデートをするのが正しいです。もちろん、時間の都合などでデートの後にできないことがあるかも知れませんが、それを「例外」とすることが大切です。

【中身の濃いセックスをしましょう】

性行為はフルコースの料理のメインディッシュです。映画を観たり、遊園地で遊んだりするのは前菜。前菜だけ食べて帰ったら、彼女は満足できません。ただし、メインディッシュだけでも満足はできません。前菜があるからこそ、メインも楽しめます。セックスだけのデートを繰り返していては、彼女に「体だけなの?」と思われても仕方がありません。

メインディッシュに10gのステーキがでてきたらがっかりするでしょう。メインには、どっしりとした肉がふさわしいです。セックスも淡白なものではいけません。愛撫に時間をかけてしっかりとした性交をしましょう。ストレスなどで勃ちにくくなったら、クリニックでバイアグラを処方してもらって、しっかり勃たせることも重要です。

「彼が1回しかしてくれない」と悩む女性はいても、「絶倫すぎて困る」という女性はいません。性交の回数分だけ愛が深まると心得ましょう。

セックスは愛を固めるうえでとても重要です。デートの締めにはかならず性行為で愛を確認しましょう。

Copyright© 女ごころをくすぐる恋愛心理学 Rights Reserved.